動画編集

プレミアプロでオーバーラップをなめらかに入れる方法2

プレミアプロできれい滑らかなプロっぽいオーバーラップ

プレミアプロでオーバーラップを入れる方法についてです。映像と映像の切り替わりを重ねる演出です。オーバラップについては、以前も紹介しましたが、今回は滑らかさを一段と増す方法を学びましたのでお伝えします。

プレミアプロでオーバーラップを入れる方法を動画で解説

プレミアプロで、オーバーラップを入れる方法を、動画で解説します。

プレミアプロでオーバーラップを入れる目的

プレミアプロでオーバーラップを入れると、自然と切り替わりのタイミングを意識することなく、ずっと見続けることが出来ますね。いきなり場面展開されると、それが繰り返されるとあわただしい感じがしてしまいます。大事なのは滑らかさです。

プレミアプロでオーバーラップを入れる方法

プレミアプロでオーバーラップを入れるには、エフェクト/ビデオトランジション/クロスディゾルブを使います。

クロスディゾルブを、そのまま映像と映像のつなぎ目に入れると、切り替わりの滑らかさが低下してしまいます。

直接入れようとすると、以下のような注意文が出てきます。

トランジションに必要な予備のフレームが不足してしまうためです。

そこで、解決する方法について解説します。

結論としては、映像のおわりと、次の映像のはじまりをカットしてから結合します。

すると、クロスディゾルブを入れても斜線は表示されず、滑らかに表示されるようになりました。

以上で、プレミアプロでオーバーラップを入れる方法、一段と滑らかにするトランジションの使い方についての解説を終わります。



お役立ち情報を配信中!
とものメルマガ登録はこちらから。

-動画編集

Copyright© ムービーハーツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.