YOUTUBE

YouTube収益化から4カ月目の第2週の活動記録

本記事の信頼性

  • ネットビジネス歴10年以上
  • 月間最高80万円超え
  • YouTube投稿1動画150万回再生超
  • 副業でビジネスを実践中
  • 副業も本業として複業、福業を目指す
関連ともよしのプロフィール
人気らくらく動画編集で確実に5万円稼ぐ

今週やったこと

動画投稿1本

動画の投稿を1本行いました。再生回数は1万回程度でした。

得られたこと

目標の再設定

YouTubeに動画を投稿してYouTubeチャンネルを作ったのは収入を得るためでした。
動画投稿を続けることで、2022年の4月中旬に収益化できました。
はじめたばかりのころは、100本程度の動画を投稿する予定でした。
1か月に20本前後の動画を投稿し、動画投稿100本に到達するのは5~6ヵ月ごろかなと思っていました。
そのころには再生時間も4000時間に達しているだろうとの予測でした。

しかし、自分でもびっくりするくらいにあっさりと収益化できてしまい、目標の再設定を迫られたのが先週まででした。
これからも継続してYouTubeに動画を継続し続けることを考えた時、どうしようか、何を目標にしようかと迷いました。

目標の2つの方向性

目標をどうしようかとひたすら考えていると、なんとなく2つの方向性が見えてきました。
一つ目は、1つのチャンネルで月収50万とか100万を目指すということです。
チャンネルを強くして、動画をどんどん投稿して再生回数を増やしていくことです。

メリットとしては、同一チャンネルに投稿するため同じような動画なので、迷いなく作れるし、動画作成方法も慣れているので、動画の作成にかかる時間を短縮することができるということがあります。
また、タイトルや、サムネイルなども作ることに慣れているので、動画投稿はしやすいはずです。

デメリットは、動画投稿本数を増やす必要があるため、作業時間を増やさなければならないこと。
または、外注化することが必要かもしれないので、動画作成のためのコストがかかるということがあります。
さらに、もしもチャンネルの収益化がなんらかの原因により停止されてしまった場合は、ショックが大きいかなと思います。

二つ目は、リスク分散も考えてもう一つ新たなチャンネルを作るということです。
今のチャンネルとは別に、もう一つ同じくらいの再生回数が期待できるチャンネルを作るというのも魅力的です。
メリットとしては、リスク分散にもなりますし、慣れていないものを作るので新鮮な気持ちになれるというのもあります。

デメリットとしては、収益化するまで時間がかかること。
収益化ができるかどうかも分からないことに時間を使うことになるということ。
などが挙げられます。

目標の第3の方向性

二つとも積極的な方向で前向きになれることですが、それとは別の方向性も考えられました。
それは、将来的に、外注化や新たなチャンネルの作成も視野に入れつつ、現在のチャンネルで月に5~10万程度の収入を得ていく方法です。
現時点では、ラクに長期間続けられる作業量で、収入を得ていこうと目標を再設定し直しました。

反省すること

目標の再設定について

目標が明確に定まっていないと行動量が落ちる。
今後は例えば、今週の目標は何か、今日の目標は何か、スキマ時間の目標は何かという細かいことまで明確にしていけるようになりたい。

来週やること

効率の良いチャンネル運営

少ない作業量で大きな成果を得たいので、効率の良いチャンネル運営のためにどのように具体的に進めるのかを考えていきます。

PremiereProコンプリートガイドブック
  • この記事を書いた人

ともよし

PC真心 代表の吉田友和です。動画編集は初心者でも素人でも出来る。分かりやすい動画編集やソフトの使い方、あなたの動画をお金に変える方法など、動画やインターネットを使って生きていくための抜群に役立つ情報をお伝えします。

-YOUTUBE

Copyright© ムービーハーツ , 2022 All Rights Reserved.