動画編集

プレミアプロでスローモーションと早送りをつける方法

2020年5月1日

プレミアプロでスローモーションと早送り

プレミアプロでスローモーションと早送りをつける方法について解説します。早送りからスローモーションというのはYouTubeでもよくみられます。

プレミアプロでスローモーションと早送りをつける方法を動画で解説

プレミアプロでスローモーションと早送りをつける方法を動画で解説します。

プレミアプロでスローモーションと早送りをつける目的

プレミアプロでスローモーションと早送りをつける目的は、長くて飽きてしまう単調な映像を飛ばし、本当に観てもらいたいところに注目させる効果があります。

映像と音声とをどのように使うか注意しましょう。映像だけ早送りをつけるのか、音声も早送りするのかなどです。

プレミアプロでスローモーションと早送りをつける方法

映像クリップを選択し、右クリックから、

クリップキーフレームを表示/タイムリマップ/速度を選びます。

タイムリマップのラバーバンドが表示されます。

Ctrlキーを押しながら、クリックすることで、キーフレームが打たれます。

  • 早送りするには、ラバーバンドをクリックしながら上にあげていき、300%で離すと3倍速になります。
  • キーフレームを追加し、ラバーバンドをクリックしながら下にさげていき、20%で離すと1/20と遅くなります。
  • 以上、プレミアプロでスローモーションと早送りをつける方法を解説を終わります。

    -動画編集

    Copyright© ムービーハーツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.