動画編集

プレミアプロで音量を調整する!初心者の動画編集 Premiere Proの使い方

2020年3月17日

プレミアプロで音量の調整

プレミアプロで、音量を調整する方法について解説します。初心者の動画編集、Premiere Proの使い方です。

音量の調整がされていない動画が、たまにありますが、メインの音声とBGMの、バランスがちょうどいいと、内容も頭の中にすーっと入ってきます。

プレミアプロで音量を調整する方法を動画で解説

プレミアプロで、音量を調整する方法を、動画で解説します。

プレミアプロで音量を調整する目的

音量を調整することで、動画を観てもらったときに、動画全体のイメージ、分かりやすさなどがアップします。

テレビなどでも、メインの音声と、BGMとのバランスが、ちょうど聞きやすい大きさに、調整されていますよね。

プレミアプロで音量を調整する方法

プレミアプロで、音量を調整する前に、オーディオトラックの高さを広げると、音声の波形が見やすくなります。

オーディオトラックの高さを広げる方法

オーディオトラックの高さを広げる方法についてです。

オーディオトラックの、高さを広げるには、3つの方法があります。

1.トラックの左、空白のスペースを、ダブルクリックします。

2.ズームスクロールバーの〇をドラッグします。

3.トラックの境界線をドラッグします。

音量を調整する方法1

キーフレームグラフをドラッグする方法です。

キーフレームグラフにカーソルを合わせます。

カーソルが、キーフレームグラフ、に変わります。

ドラッグしたまま、カーソル(キーフレームグラフ)、を下げます。

-10dBに合わせてみます。

確認するために、再生します。ちょうどよい音量に調整します。

音量を調整する方法2

音量を調整する方法には、もうひとつあり、数値で入力することも出来ます。

BGMを選択し、エフェクトコントロールパネルを開きます。

オーディオエフェクト→ボリューム→レベル

アニメーションのオン/オフボタン(ストップウォッチのマーク)をクリックします。

警告画面が出た場合には、OKを押します。

レベルに数値を入力します。

ココに注意

キーフレームが表示されないことがあるようです。今回の動画は、撮り直ししたのですが、はじめて、キーフレームを表示させようとしたら、うまく表示されませんでした。

キーフレームを表示させるには、タイムライン、表示設定を押し、メニューを開き、オーディオのキーフレームを表示、をクリックし、チェックしてください。

オーディオメーターパネルの見方

オーディオメーターパネルが、緑で反応していれば、音割れはありません。

しかし、赤くなると、音割れしてしまいます。

ピークの音量が、赤くならないように調整してください。

-動画編集

Copyright© ムービーハーツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.