動画編集

アフターエフェクトで時短するワークエリア編集!初心者のための動画編集 After Effects 実際の使い方

2021年10月23日

アフターエフェクトで時短するワークエリア編集を解説していきます。

本記事の信頼性

  • ネットビジネス歴10年以上
  • 月間最高80万円超え
  • YouTube投稿1動画150万回再生超
  • 副業でビジネスを実践中
  • 副業も本業として複業、福業を目指す
関連ともよしのプロフィール
人気らくらく動画編集で確実に5万円稼ぐ

アフターエフェクトで時短するワークエリア編集を動画で解説

アフターエフェクトで時短するワークエリア編集を動画で解説します。

映像編集を効率的にしたい!

長い動画も細かく区切ることで編集をしやすくすることができます。
ワークエリアを設定することで映像を細かく区切って再生することができます。
ワークエリア設定で細かく編集して効率的にさぎょうできます。

ワークエリア編集を覚えると映像編集にとっても便利で時短になりますよ。

アフターエフェクトで時短するワークエリア編集を解説

アフターエフェクトで時短するワークエリア編集を解説していきます。
今回は、ワークエリアを2秒に区切ります。

1.ワークエリアを2秒に設定

タイムラインの上部、ワークエリアの左端の水色のところをドラッグし「02S」のところまでスライドし、ワークエリアを設定します。

再生を押して確認してみてください。
映像が2秒経過したところで繰り返し再生されます。

2.ワークエリアの移動

設定したワークエリアは移動できます。

設定したワークエリアを編集したい秒数のところへドラッグ&ドロップすると移動できます。

移動したところで再生するとまた、2秒間の繰り返し再生になります。

以上、アフターエフェクトで時短するワークエリア編集の解説でした。

  • この記事を書いた人

ともよし

PC真心 代表の吉田友和です。動画編集は初心者でも素人でも出来る。分かりやすい動画編集やソフトの使い方、あなたの動画をお金に変える方法など、動画やインターネットを使って生きていくための抜群に役立つ情報をお伝えします。

-動画編集

Copyright© ムービーハーツ , 2022 All Rights Reserved.