動画編集

アフターエフェクトで残像をつけるモーションブラーの使い方!初心者のための動画編集 After Effects 実際の方法

2022年2月12日

アフターエフェクトで残像をつけるモーションブラーの使い方を解説していきます。

本記事の信頼性

  • ネットビジネス歴10年以上
  • 月間最高80万円超え
  • YouTube投稿1動画150万回再生超
  • 副業でビジネスを実践中
  • 副業も本業として複業、福業を目指す
関連ともよしのプロフィール
人気らくらく動画編集で確実に5万円稼ぐ

残像をつけるモーションブラーの使い方を動画で解説

残像をつけるモーションブラーの使い方を動画で解説します。

映像をもっとかっこよく編集したい!

映像素材をスライドさせたときに残像がついているとかっこよく見えませんか?
アフターエフェクトならツールで簡単に映像に残像を付けることができます。
今回は映像素材に簡単に残像が付けられる「モーションブラー」の使い方を解説します。

アフターエフェクトのツールを使えば簡単にワンランク上の映像編集テクニックが身に付きますよ。

残像をつけるモーションブラーの使い方を解説

残像をつけるモーションブラーの使い方を解説します。

1.残像を付けたい素材にモーションブラーを適用

タイムラインパネルにある残像を付けたい素材のモーションブラーのところにチェックを入れます。

これでこの素材には残像が付くようになりました。
とっても簡単に残像が付けられましたね。

以上、アフターエフェクトで残像をつけるモーションブラーの使い方の解説でした。

PremiereProコンプリートガイドブック
  • この記事を書いた人

ともよし

PC真心 代表の吉田友和です。動画編集は初心者でも素人でも出来る。分かりやすい動画編集やソフトの使い方、あなたの動画をお金に変える方法など、動画やインターネットを使って生きていくための抜群に役立つ情報をお伝えします。

-動画編集

Copyright© ムービーハーツ , 2022 All Rights Reserved.